40歳以上になると気をつけたい更年期障害~ファイト更年期~

doctor

症状の確認

doctor

私が小さかった頃、飛蚊症なんてものは聞いたこともありませんでした。昔からあった症状なはずなのにです。老化現象の一つとして片付けられていたのでしょうか。飛蚊症の症状がある場合は、まずセルフチェックしてみましょう。

Read More

更年期に起こる症状

誰にも知られずに、自宅で性病検査を行えます。利用方法はコチラからどうぞ。コストパフォーマンスも魅力の一つです。

更年期について知っておくと良い事

doctor

日本女性の平均的な閉経年齢は50歳になります。この閉経をはさんで前後10年間、だいたい45歳から55歳ぐらいまでを更年期といいます。早い人では40歳ぐらいから始まる人もいます。更年期というのは、老年期への入り口あるいは移行期であると考えられています。内科や精神科では老年期は65歳以上を意味していますが、閉経のある56歳から60歳にかけて、ゆっくりと老年期へ入って行くと考えられています。更年期障害の様々な原因は、閉経による卵巣機能の低下、つまり閉経によって卵巣機能が廃絶しますので女性ホルモンが分泌されなくなります。これが一番の原因になります。2番目に、この時期はちょうど子供の就職や独立または親の介護、遺産相続、老後の不安などの環境因子が大きく変わってきます。3番目に考えられるのが、個人的なファクターで個人の性格や心理的要因によるものが加わって出てくるのが更年期障害になります。

避けて通れない身体の変化に工夫する事で快適な生活が送れる

更年期の症状があっても、ほとんど気にならない人もいれば、寝込んだり、あるいは仕事が手に付かなかったり、あるいは病院に行かなければならない人など個人差が多く有ります。女性ホルモンのエストロゲンが減少すると、脳の視床下部の乱れが生じます。視床下部は自律神経をコントロールしていますので、自律神経の失調が起こってきます。そして様々な障害が起きます。これを不定愁訴といい、血管運動症状でほてりや発汗、のぼせ、冷えなどがあります。これに次いで多いのが、精神神経症状で、頭痛やめまい、不眠、耳鳴り、うつ症状などがあります。他には、運動器官症状で腰痛や肩こり、関節痛などもあります。このように様々な症状がありますが、個人差がありますので、治療法もいろいろ違ってきます。気になるような自覚症状が有る方は専門医に受診する事が良いです。ホルモン補充療法や漢方薬治療を併用するなどの工夫をして対応する事で、更年期の症状も軽くなります。

なりやすい病気

doctor

目に関する疾患は様々ありますが、その中でも飛蚊症は起こりやすい病気です。飛蚊症になる原因は、生理的飛蚊症、加齢、打撲、網膜剥離、ぶどう膜炎などがあります。強度に近視の人は飛蚊症になりやすいです。

Read More

心の病気

doctor

自律神経失調症で起こる症状は多岐に及んでいます。そのため、これまでも他の病気との判別が難しい場合が多かったのです。頭痛やめまい、動悸といった症状は他の病気の場合にも現れます。

Read More